2013年11月16日土曜日

第49回関西大会

開催日時:20131116日(土)
会  場:徳島大学(常三島キャンパス) 1号館北棟3
大会進行宮崎 隆義(徳島大学)
大会本部徳島大学総合科学部 宮崎研究室

11:00-11:55   幹 事 会   《総合科学部1号館北棟3階 学部ゼミ室2》
11:30              【受  付】       《総合科学部1号館北棟3階 301講義室前》
12:00              【開  会】       301講義室》
                     司  会    徳島大学 宮崎 隆義
        開会の辞    関西支部長 西 成彦
             挨  拶    徳島大学総合科学部長 平井 松午

 12:15-14:10  【研究発表】
【A室】《302講義室》
   A-1 (12:15-12:50)    司会:出原 隆俊 (大阪大学)
       江戸時代の養生論における君子賢人―鈴木朖の場合―
      趙 菁(金沢大学外国語教育研究センター)
   A-2 (12:55-13:30)    司会:出原 隆俊 (大阪大学)
       折口信夫作『死者の書 続編』の第一稿と第二稿の構成の比較
      前田 禮子(高野山大学密教文化研究所・受託研究員)
   A-3 (13:35-14:10)    司会:加瀬 佳代子(金城学院大学)
       近代中国における心霊研究の受容と伝播
        ―心霊研究・神智学・仏教研究者の交流の諸相を中心に―
     莊 千慧(大阪大学・外国人招へい研究員)

【B室】《303講義室》
   B-1 (12:15-12:50)    司会:西 成彦(立命館大学)
       初期『満州日日新聞』における観光記事
      王 莞晗(総合研究大学院大学・院生)
   B-2 (12:55-13:30)    司会:北村 卓(大阪大学)  
       享楽主義、ベイリスム、唯物論的合理主義
        ―スタンダールを紹介する上田敏と大岡昇平―
      ジュリー・ブロック(京都工芸繊維大学)
   B-3 (13:35-14:10)    司会:北村 卓(大阪大学)
       「音楽家ゾラ」
        ―『水車小屋の攻撃』における原作者・台本作家・作曲者の関係をめぐって―
      林 信蔵(京都大学・非常勤講師)


【C室】《304講義室》
  C-1 (12:15-12:50)      司会:川島 隆(京都大学)
      ゼロ年代におけるトルコ系ドイツ語文学・映画と共生のユートピア
        ―エツダマー、ザイモグル、エツドガン、アキン―
      林嵜 伸二(京都大学等・非常勤講師)
  C-2 (12:55-13:30)      司会:荘中 孝之(京都外国語大学)
       見える風景・見えない風景―カズオ・イシグロと原爆文学―
      中川 成美(立命館大学)

【D室】《305講義室》
  D-1 (12:15-12:50)     司会:川島 伸博(龍谷大学)
    明治下層社会記録文学におけるイギリスの貧困表象受容
        ―ウィリアム・ブース『最暗黒の英国とその活路』と
     松原岩五郎『最暗黒の東京』の比較―
     内藤 貴夫(大阪大学・院生)
   D-2 (12:55-13:30)     司会:川島 伸博(龍谷大学)
      坪内逍遥のシェイクスピア研究と教育―グローバル化の時代におけるその意味―
    藤澤 博康(近畿大学)

14:20-16:20  【シンポジウム】:「モラエスとハーン
    ―生へのまなざし,死へのまなざし―」
    徳島日本ポルトガル協会後援    301講義室》

        企画・司会:宮崎 隆義(徳島大学)
        講      師:宮崎 隆義(徳島大学)
                 佐藤 征弥(徳島大学)
                 難波江仁美(神戸市外国語大学)
                    西  成彦(立命館大学)

16:30-17:30  【特別講演】:石川 栄作(徳島大学)
 《301講義室》
  『ニーベルンゲンの歌』とワーグナー『指環』四部作の比較研究
   ―ブリュンヒルト(デ)の役割をめぐって―

        司会:依岡 隆児(徳島大学)

17:35-18:00  【関西支部総会】 301講義室》

               司会:橋本 順光(関西支部庶務委員)


18:00     【閉会】301講義室》
                閉会の辞:宮崎 隆義(徳島大学)

18:10-20:00        【懇親会】  徳島大学生協第1食堂                        
                司会:依岡 隆児(徳島大学)

2013年9月21日土曜日

9月例会

日 時:2013年9月21日(土) 午後3時00分~5時00分
会 場:大阪府立大学中百舌鳥キャンパス A15棟 2階 中会議室

【研究発表1】
講 師:宮崎隆義(徳島大学)
司 会:西 成彦(立命館大学)
題 目:モラエスの徳島――随想と庭

【研究発表2】
講 師:劉建輝(国際日本文化研究センター)
司 会:彭佳紅(帝塚山学院大学)
題 目:近代東アジアの濫觴――生成の場としての広州十三行

開催校からのご案内
大阪府立大学中百舌鳥キャンパスへは
http://www.osakafu-u.ac.jp/access/
学内施設のマップとしては
http://www.osakafu-u.ac.jp/info/campus/nakamozu.html
をご参照下さい。

2013年7月13日土曜日

7月例会

日 時:2013年7月13日(土) 午後3時00分~5時00分
会 場:関西大学千里山キャンパス 第1学舎A棟5階502教室
 
【研究発表】
講 師:西原大輔(広島大学)  
司 会:中野久美子(京都造形芸術大学非常勤講師)
題 目:高田敏子の詩「布良海岸」と青木繁《海の幸》
 

【読書会】
書 籍:マイケル・ガーデナー著 村里好俊・杉浦裕子 訳 『トマス・グラバーの生涯――大英帝国の周縁にて』(岩波書店、2012
発題者:須藤直人(立命館大学)
*本書は「スコットランド出身の気鋭の比較文化論者による斬新な評伝」とのことで昨年訳書が刊行され、大きな話題を読んでいます。みなさんもぜひ一読の上、ご参加ください。

開催校からのご案内
関西大学千里山キャンパスへは
学内施設のマップとしては
をご参照下さい。

2013年4月20日土曜日

4月例会

日 程:2013年4月20日(土) 午後3時~5時
会 場:甲南大学 3号館4階 3-41号教室
http://www.konan-u.ac.jp/access/
* 当日は諸般の事情により、学内に案内等を掲示しておりません。どうぞご諒解くださいますようお願い申し上げます。

【研究発表】
講 師:塚田幸光 氏(関西学院大学)
題 目:焼跡の「アメリカ」―GHQ、性、田村泰次郎「肉体の門」
司 会:池田淑子 氏(立命館大学)

【読書会】

書 籍:田辺欧 氏著『待ちのぞむ魂―スーデルグランの詩と生涯』(春秋社2012
発題者:中丸禎子 氏(東京理科大学)
* 著者の田辺欧氏をお招きしての読書会です。あらかじめ『待ちのぞむ魂―スーデルグランの詩と生涯』をお読みの上ご参加下いただければ幸いです。

* 例会終了後、臨時総会が開催されます。

2013年1月26日土曜日

1月例会

日 程:2013年1月26日(土) 午後3時~5時
会 場:京都女子大学東山キャンパス J校舎(文学部棟)2階224教室
http://www.kyoto-wu.ac.jp/access/index.html
☆ 会場は正門側ではありません。馬町バス停で下車し、馬町交差点を東に向かってください。

【研究発表1】

講 師:山﨑 正純 氏(大阪府立大学)
題 目:竹内好の魯迅受容――その変容過程をめぐる考察

〔関連図書〕
山﨑正純『戦後〈在日〉文学論 アジア論批評の射程』
(洋々社、2003年)

【研究発表2】

講 師:増田 周子 氏(関西大学)
題 目:火野葦平「恋と牡丹」論――『聊斎志異』「葛巾」との比較研究」

〔関連図書〕
増田周子『1955年「アジア諸国会議」とその周辺 火野葦平インド紀行』
(関西大学出版部、2014年)

司 会:中川  成美 氏(立命館大学)