2016年12月23日金曜日

1月例会

日 時:2017年1月21日(土) 午後2時半~5時半
会 場:京都産業大学 12号館12303(3階)

【研究発表】

講 師:井尻香代子(京都産業大学文化学部)
題 目:アルゼンチンにおける俳句受容とスペイン語ハイク生成

司 会:西成彦(立命館大学)


【読書会】

書 籍:瀬戸宏『中国のシェイクスピア』(松本工房、2016)

発題者:鈴木雅恵(京都産業大学)

〔内容紹介〕
長年の現地調査と膨大な一次史料から明らかにする中国における莎土比亜(シェイクスピア)受容史。

序 章 中国のシェイクスピア受容略史
第一章 中国シェイクスピア受容の黎明
第二章 林紓のシェイクスピア観
第三章 戯劇協社『ヴェニスの商人』公演(一九三〇年)をめぐって
第四章 上海業余実験劇団『ロミオとジュリエット』公演(一九三七年)をめぐって
第五章 国立劇専とシェイクスピア上演
 ──第一回公演『ヴェニスの商人』(一九三七年)を中心に
第六章 国立劇専『ハムレット』公演(一九四二年)をめぐって
第七章 昆劇『血手記』(一九八六年)と越劇『十二夜』(一九八六年)
 ──中国伝統演劇によるシェイクスピア上演
第八章 戯劇工作室『ハムレット』(一九九〇年)
 ──実験演劇としてのシェイクスピア
附 章 日本のシェイクスピア受容略史
中国シェイクスピア受容史略年表